レシピ

ドライフルーツと大麦のサラダ

朝食

ドライフルーツと大麦のサラダ
食物繊維たっぷり。

フルーツジャム

朝食

フルーツジャム
白砂糖を使わない果物本来のおいしさ。

生ハムとクリームチーズのおつまみ

パーティー

生ハムとクリームチーズのおつまみ
ワインや洋酒のお供に。

直販について 購入をご希望の方はこちらへどうぞ

購入をご希望の方はこちらへどうぞ

講師依頼

ドライフルーツ講座の詳しい説明はこちらへ

メディア掲載

光文社のSTORY「美しい人のお取り寄せ」に掲載され、通販も開始しました

  • Amebaブログ
  • Facebook
  • Google+
  • website

お問い合わせ

フレッシュドライフルーツ等に関する
お問い合わせはお気軽に

ドライフルーツのご案内

フレッシュドライフルーツの特徴

珍しいフレッシュドライフルーツ

日本への流通量が少ない珍しいフレッシュドライフルーツ

  • 果物が一番おいしい時期に収穫
  • 果物本来の甘酸っぱさをいつでも手軽に
  • 砂糖不使用で自然な柔らかさ

 

大地と太陽の恵みをたっぷり受けて育った果物を、砂糖を全く使わずに天日で干します。一般的なドライフルーツは長期保存のため砂糖が使われます。また、果物自体が甘くない場合は砂糖で甘さを添加して食べやすくしていることはご存知でしょうか。
イーワイトレーディングのドライフルーツが砂糖を使用していないのは、完熟の果物だけを使っているので、その必要がないからです。果物本来のやさしい甘みを楽しんでいただけることでしょう。摘みたての味をギュッと閉じ込めたおいしいドライフルーツは日本でほとんど見かけない珍しいラインナップ。ダイエット中のおやつはもちろんお友達への手土産やパーティなど、いつでも手軽にご堪能いただけます。

高品質を維持

手摘み・手作業にこだわり高品質を維持

  • ドライフルーツで有名な本場カリフォルニア産を中心に
  • 手作業、天日干し(洋なし、ピーチ、ネクタリン)
  • 果実ひとつひとつを人の目と経験でチェック

乾燥した気候がドライフルーツ作りに適しているため、アメリカ国内でもドライフルーツと言えばカリフォルニア。カリフォルニアと言えばドライフルーツと言われています。
またアメリカでは中国やその他の国々に比べて添加物などに対する法的規制が厳しく、また消費者側もナチュラル志向ということもあって安心安全なカリフォルニア産のドライフルーツが珍重されています。例として、カリフォルニアには『カリフォルニアフィグ協会』があり、厳しく品質管理を行なって”ジャパングレード”と呼ばれる日本の厳しい規格に適応したものだけを輸出しています。

アメリカの収穫作業では、ブルドーザーを使うのが一般的です。大きなペンチのようなもので木を挟んで揺すり、完熟の実もそうでない物も一緒に収穫します。ですから甘いものもあれば酸っぱいものも、傷がついていようとなかろうと一緒に取ってしまうのです。しかしイーワイトレーディングの契約農家では、果実が完熟するのを待ってひとつひとつを手作業で収穫しています。その完熟の実を手もしくは機械で半分にカットし、種を取り除いた後、木のトレーに並べて保存料をかけ、天日で干します。そのためごくまれに種が取りきれずに残っていたり、枝などの異物が混じっていることがありますのでご注意ください。

オレゴンの無添加モイヤープルーン、ブルキナファソ(アフリカ)の無添加マンゴー、イラン産色素不使用のジュエリーレーズンやゴールデンレーズン、グリーンレーズンもすべて砂糖を使わずに一つひとつ丁寧に作られているおいしいドライフルーツです。

安全性と信頼性

厳しい日本の検疫をクリアしている安全性と信頼性

  • 空輸による品質保持
  • Kosher認定の農家で収穫
  • 輸入食品等試験成績証明書

イーワイトレーディングでは、品質を保持するためにフレッシュドライフルーツ(洋なし、ピーチ、ネクタリン)と無添加マンゴーは空輸しています。輸送費はかかりますがドライフルーツに負担のない方法です。
輸入される食べ物は必ず検疫を受けます。皆さんもご存じの通り、日本の検疫は世界一厳しいと言われ、細菌や添加物の検査、残留農薬の検査が定期的に行われます。イーワイトレーディングのフレッシュドライフルーツも厳しい検査をパスしたものです。安心してお召し上がりください。

さらに、カリフォルニアの現地農園ではKosher(コーシャー)認定も受けています。Kosherとはユダヤ教の戒律に基づいて生産された食品のこと。加工方法に厳しい規定があり、定期的にラビ(宗教的指導者)による検査があります。その厳しさゆえに、健康志向の強い人はKosherマークの有無を安心安全の基準にしているほど。ユダヤ教徒以外の人でもわざわざマークのついた食品を選ぶ傾向があります。日本ではイスラム教のハラルフードほど一般的ではないので認定を受けませんでしたが、アメリカではKosher認定ドライフルーツと言うと高品質の証なのです。

その他の特徴

高温多湿・光に弱い
高温多湿・光に弱い

フレッシュドライフルーツは摘みたてのおいしさ、果物自体の甘みを味わっていただけるよう、水分を多く含んでいます。そのため、高温多湿な環境や光に対して弱い商品となっています。開封前は冷暗所(夏は冷蔵庫が最適)に保管して、開封後はしっかり封をして冷蔵庫などに保管の上、賞味期限に関わらずなるべく早くお召し上がりください。

香りについて
香りについて

各ドライフルーツの香りは、普段皆さんが認識しているような芳香剤やボディソープ等といった人工的な香りではなく、その果物本来の持つ自然な香りです。洋なしのやさしい香りや、ピーチの甘酸っぱい香りはまさに天然のもの。
風味や食感だけでなく、香りも楽しみながらお召し上がりください。

色の変化

イーワイトレーディングのフレッシュドライフルーツは、長期保存するため一般的に使用されている砂糖を使っていません。添加しているのは二酸化硫黄のみ。(黒いちじく、モイヤープルーン、マンゴーは無添加で二酸化硫黄は不使用です。)二酸化硫黄は空気中にも存在するもので、食品添加物としてドライフルーツの保存や色止め、酸化防止の効果があります。実はオーガニックを謳っているワインにも使われているものです。どうしても気になるようでしたら、30分程度天日に干してからお召し上がりいただくのをお勧めいたします。干すことで二酸化硫黄を減少させることができます。

砂糖を使っていないフレッシュドライフルーツはパッケージ後も熟成が進み、普通のドライフルーツよりも色の変化が多く見られます。また時々白くポツポツしたものが表に出ることがありますが、これはカビではなく糖分が表に出て白く結晶したものですので問題なくお召し上がりください。パッケージの中でドライフルーツが生きているということの証です。
袋の内側が白く曇ったようになるのはドライフルーツの糖分や水分がつくためで、汚れではありません。高温での機械乾燥や砂糖を添加する工場生産の一般的なドライフルーツ、砂糖添加の工場生産で作られるドライフルーツとは全く違います。

色の変化の写真

利用シーン

  • おやつ
  • ダイエット
  • 便秘
  • お菓子の材料
  • 登山&スポーツ
  • 妊娠中の栄養補給
  • オフィスで小腹が空いた時、こっそり何か食べたい人に
  • 妊娠中、質の高い栄養を手軽に補給しなければならない時に
  • ダイエット中、砂糖たっぷりのお菓子の代わりに
  • 登山やハイキングで溶けちゃうチョコレートや割れちゃうお煎餅が苦手な人に
  • お酒のおつまみの乾き物にいいかげん飽きちゃった人に
  • どんな添加物が使われているかわからないお菓子を子供に与えたくないママに
  • 歯の健康のため食べ物をしっかり噛みたい人に
  • 食物繊維をたくさん必要としている便秘気味の人に
  • ビタミン、ミネラルをたくさん摂ってもっともっと美しくなりたい人に
  • ヘルシーな食品を探している人や健康に気を使う人に
  • なかなか手に入らない珍しいドライフルーツをお探しのあなたに
  • 時間がなくて忙しい朝の簡単な朝食として
  • 中国産のドライフルーツに不信感を抱いているあなたに
  • ヨーグルトやシリアル、グラノラをより一層おいしく食べたい人に
  • 紅茶、コーヒーだけでなく日本茶や中国茶の味わいを引き立てるドライフルーツを探している人に
  • 非常食だっておいしさにこだわりたい人に
  • かわいいパッケージのドライフルーツを探しているおしゃれなあなたに
  • ペットにだって安全でヘルシーなおやつをあげたい人に
  • 果物は食べたいけれど身体を冷やしたくないと思っている人に
  • 機械で乾燥させたドライフルーツより「やっぱり天日干しが一番でしょ!」と言う人に
  • 砂糖がけのドライフルーツにいいかげんうんざりの人に

パッケージデザインについて

パッケージ website

多方面で活躍中のアーティスト、マツバラリエさんにドライフルーツを食べたことのない方々にも楽しく、また気軽に手に取っていただけるようなデザインにして欲しいとお願いしました。
今までドライフルーツは決しておしゃれなイメージの食べ物ではなかったと思います。便秘にいいとか、パウンドケーキの中のやたらに甘くてブツブツした物とかそんな感じだったかもしれません。
お菓子の代わりに食べる時にそばに置いてもおしゃれなように。またお友達に差し上げて、おいしそうと言ってもらえるように。そして大切な方へのプレゼントにふさわしいように。
かわいくて素敵なデザインにはそんな想いがつまっています。イラストの葉っぱの下にマツバラリエさんのサインが小さくあります。パッケージをお手に取った際には、ぜひ見つけてくださいね!

メッセージ

「フレッシュドライフルーツ」って何ですか?

日本にはしっかりと乾燥させたドライフルーツがとても多く、その中で半生タイプのドライフルーツのことをセミドライフルーツと呼ぶことがあります。イーワイトレーディングでは半生タイプで、そのうえ砂糖を使っていないこのドライフルーツのことを「フレッシュドライフルーツ」と呼んでいます。砂糖を使っているドライフルーツとは全く違うナチュラルな食感と甘さが楽しめるフレッシュなドライフルーツです。聞きなれないかもしれませんが、ぜひ覚えてくださいね!

売られているドライフルーツはなぜ砂糖を使っているのですか?

上記の『日本での流通が少ない珍しいフレッシュドライフルーツ』の所にもあるように理由は2つあります。一つはあまりおいしくない果物を使った場合に砂糖を添加しておいしさを増すためです。生の果物として流通できないような二流品をドライフルーツにする時や完熟していない果物を使う時などに使用します。もう一つは砂糖を使うことで長期保存をするためです。お魚に塩をして保存するように果物には砂糖を使います。砂糖を使うことで色の変化や品質の変化が少なくなるのです。
イーワイトレーディングのドライフルーツはすべて砂糖不使用です。

ドライフルーツの栄養は?

カリフォルニアの肥沃な大地で育った果物は皮ごとそのままドライフルーツにするので食物繊維が非常に豊富です。さらに果物の種類によって違いはありますが、カルシウムや鉄分などのミネラルも多く含まれています。生で食べても充分においしい完熟の実を、さらに太陽の下で乾燥させることで水分が抜けるので栄養が凝縮し、生でそのまま食べるよりも効率よくビタミンやミネラルがとれる理想の食べ方だと言えるでしょう。 抗酸化物質が豊富なのでエイジングケア食品としてもおすすめです!

ダイエットに良いの?

その通りです。精製された白砂糖などをふんだんに使って作られたお菓子が体に良くないことはご存知だと思います。でも甘いものが食べたくなる時ってありませんか?そんな時にドライフルーツはいかがでしょう。ケーキなどと違って血糖値が上がりにくく、また腹持ちが良いのでたくさん食べなくても満足感を得られるのでダイエットに最適です。もちろん砂糖を使っていないドライフルーツをお選びくださいね。

国産ドライフルーツとはどう違うのですか?

日本でもドライフルーツは作られています。ただ、日本は湿気が多くドライフルーツを作るのに相応しい環境ではありません。代表格の干し柿は天日干しですが、厳密に言うと寒干しです。
国産ドライフルーツのほとんどが機械で高温乾燥させて、砂糖を添加しています。太陽の恵みいっぱいの天日で干したドライフルーツは日本ではなかなか難しいのかもしれませんね。

どうやって食べたら良いですか?

ぜひそのまま召し上がって下さい。手軽にドライフルーツのおいしさを味わえます。
日本ではドライフルーツというと細かく切ったものがケーキなどに使われることが多いですが、それではせっかくのドライフルーツがもったいないように思います。小腹がすいた時にスナック菓子の代わりのおやつとしていかがでしょう?その他に欧米ではコーンフレークなどのシリアルやグラノラと一緒に、またサラダのトッピングとして使うのも一般的です。ヨーグルトにも合いますね。チーズなどとワインや洋酒のお伴にするとおしゃれですし、相性抜群です。

ドライフルーツレシピのページもご覧下さい

天日干しと機械乾燥のドライフルーツはどう違うのですか?

専門家によると味の違いはほとんどないそうです。ただ、機械乾燥は高温で処理することが多いため果物の酵素が失われてしまいます。イーワイトレーディングが販売しているドライフルーツのうち、洋なし、ピーチ、ネクタリンは天日干し、モイヤープルーンとマンゴーは低温乾燥、レーズン3種類は半日陰での乾燥ですので酵素は残っています。 最近名前をよく聞くローフードの愛好家の方々にも安心してお使いいただけると思います。
天日干しと機械乾燥の干し椎茸の栄養価が違うようにドライフルーツも天日干しの方が栄養価が勝っていると言われています。栄養をもっと取り入れたい方はお召し上がり前に30分〜1時間程度干すのをお勧めします。

どうやって保存したら良いの?

イーワイトレーディングが販売しているフレッシュドライフルーツは水分量が多く、また砂糖を使っていないので パッケージの中でドライフルーツが生きています。開封前は冷暗所(ワインセラーのような環境がベスト)に保管し、 開封後はしっかり封をして、夏場は冷蔵庫などに保管の上、賞味期限に関わらずなるべく早くお召し上がりください。
細かく刻んでナッツと一緒に瓶などに保管するのはドライフルーツの水分をナッツが吸ってしまうのでお勧めしません。

パンツェッタ貴久子さん
パンツェッタ貴久子さん
[メッセージ]

私の夫の故郷、イタリアのナポリは野菜も果物も豊富ですが、ドライフルーツやナッツも実によく食べます。ドライフルーツを綺麗に盛りつけて、食後酒と一緒に、皆であれこれおしゃべりしながら食べるんです。またいろいろな伝統菓子の材料としても欠かせません。パネットーネやパンフォルテ、カッサータにカンノーリ等々。その昔の流通や保存技術が発達していないころの名残だと思いますが、すべてが発達した今でも、デザートやドルチェだけでなく、肉や魚介料理にも利用され親しまれています。

ドライフルーツにはうるさい私も夫も、イーワイトレーディングのフレッシュドライフルーツのおいしさにはビックリ。生のフルーツを食べるような幸福感とドライフルーツならではの濃厚さがいっぺんに味わえるので大のお気に入りになりました。

[経歴]

多摩美術大学卒業後、フィレンツェロレンツォ・ディ・メディチ語学学校、ナポリ国立カポディモンテ磁器学校で学ぶ。パンツェッタ・ジローラモ氏との結婚を機に帰国。毎年イタリア各地を回り、特に食関係の研究に励む。ボローニャ・シミリ料理コースにてディプロマを受ける。
夫とともに多数の雑誌や企業PR誌などにイタリアについて紹介。その功績が認められ、2000年ベローナ市(イタリア)よりジュリエッタ賞を贈られる。
雑誌『HERS』の連載をまとめた光文社『ちょっとオタクなイタリア料理』が好評発売中。

直販用
直販をご希望の方

ドライフルーツの購入をご希望のお客様はこちらからどうぞ/BASE(外部サイト)

お取引用

お取引をご希望の企業・店舗の方

まずはお気軽にお問い合わせください

お問い合わせ

Page Top